はじめての屋形船/first/index.php

屋形船の基本

屋形船の営業を行う業者を「船宿」と呼び、屋形船を利用するには船宿への予約が必要となります。
屋形船とは、船の大きさにより10~100名位を乗せ、2時間30分~3時間、料理や飲物を楽しみながら主に東京湾上を遊覧するというのが基本的なスタイル。東京近辺の屋形船には、どの船にも冷暖房、カラオケ、水洗トイレが完備されており、船宿は1年を通して営業しているので、様々な用途で利用できます。

〈貸切船〉
屋形船の一般的な利用方法は、この貸し切りタイプ。貸し切るための人数は、各船宿やそれぞれの船の規模により異なりますが、10名からの少人数に対応している船宿から、100名を超える人数でも乗船可能な大型船を持つ船宿まで様々です。
大人数で料理や飲物などを賑やかに楽しむというのが、貸切の屋形船を楽しむスタイルです。宴会に限らず、忘年会や新年会はもちろん、歓送迎会、お花見、花火見物や納涼、慰労会や研修会、結婚披露宴や二次会、法事など、様々な利用が可能です。

〈乗合船〉
乗合船とは、1隻の屋形船に複数のグループなどが乗り合わせるスタイルです。
気軽に家族や夫婦、カップルや友人達など少人数で、それぞれの夜を同じ船内で楽しむ乗合船。料理や雰囲気は通常の貸切船と同じように味わえ、少人数でも気軽に利用できるのが魅力です。
基本的には毎日出船しているわけではなく、出船日は各船宿で異なります。まずは、乗合船のスケジュールをチェックして、都合にあう日時がありましたら空席状況などを確認してみましょう。また、出船時間は各船宿によって決められた時間となりますのでご注意下さい。

〈遊覧時間〉
遊覧時間は、基本的に約2時間30分~3時間です。なかには、ランチコースなどの手軽なプランを設ける船宿によっては、遊覧時間が1時間30分や2時間のものもあります。
例外的な場合として、3・4月桜の時期の隅田川を周遊するお花見コースでは、3時間ちかく遊覧する場合もあり、夏の各花火大会も遊覧時間が変動することがあります。なかでも、隅田川花火大会は、早い時間に出船し、場所取りを行う船宿もあり、その場合乗船時間3時間をゆうに超え長いものとなります。

〈出船時間〉
貸切船の出船時間は、各船宿の出船可能な時間の中で、皆様が自由に決めることができます。
日中は昼食の時間帯、夕方、夜は夕食の時間帯など、どの時間帯を選ぶかは皆様の利用目的次第。平日は仕事が終わり集合可能な時間を、週末は帰りの時間などを考慮しつつ決めましょう。

〈年中営業〉
屋形船……というと、夏のイメージを皆様お持ちではないでしょうか? 夏の納涼船以外でも、春のお花見や歓送迎会、冬の忘年会、新年会など利用シーンは多岐にわたります。
お正月やお盆などに休みをとる船宿もありますが、通年通して営業しております。四季折々のイベントや楽しみ方が豊富な屋形船。移動する空間・屋形船の楽しみ方は、皆様の演出次第。

  • 屋形船の基本
  • 屋形船の基本
  • インデックス
  • 魅力
  • 基本
  • 料金と料理
  • 設備
  • 遊覧コース
  • 乗り場
  • 花火船
  • オプション
  • 予約

東京地方の天気

 
 
/
 
|
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • やかぶねクイズ
  • Q&A
  • 用語集