はじめての屋形船/first/index.php

予約から乗船までの流れ

〈予約について〉
乗船日時と人数が確定したら、早めに船宿に予約をとりましょう。納涼船やお花見の時期など予約が混雑するシーズンは、早い時期から予約で船がうまります。
なお、屋形船は、基本的に予約の最少人数が決まっています。最少人数分の乗船代金は保証しなければいけませんので、幹事の方は、しっかり参加人数の把握をし、最少人数を割り込まないように注意しましょう。
予約については、各船宿のホームページからもできますし、電話での予約も可能です。ホームページから予約した場合、船宿から予約確認の連絡が来ます。数日待っても確認の連絡がない場合は、電話で直接問い合わせましょう。
予約確認後、料金の一部を予約金として払い予約確定という流れが基本です。

〈キャンセル料〉
予約確定後のキャンセルについては、基本的にはキャンセル料が発生いたします。キャンセル料金については、各船宿が定めるところですので、各船宿にお問い合わせ下さい。

〈支払い方法〉
予約金を除く残金は、前日までに振込、当日現金払いなど各船宿によって異なります。あるいはカード払い可能な船宿もあります。詳細は、予約をした船宿の指示に従って下さい。

〈乗船まで〉
日程が決まりましたら、参加者へ正確な集合時間や場所などの告知に心掛けましょう。集合状況が悪いと出船時間が遅れることにもつながりますので、余裕を持った集合時間の設定をして下さい。
また、予約後でも大幅でなければ人数の変更は可能です。また、出船時間の変更も、出船可能な時間内であれば、できます。しかし、日にちの変更は、予約状況によりできない場合がありますのでくれぐれもご注意下さい。
人数などに変更が出た場合は、まずは船宿に連絡しましょう。

〈当日〉
雨や雪程度であれば、屋形船が出船できない……ということは基本的にありません。
例外的に、台風が出船の時間帯に直撃するような場合には、船宿の判断で出船を中止することがありますが、その場合には、船宿からその旨連絡が入りますが、1年に1、2回程度あるかないかというレベルと思ってください。
タバコを吸われる方は、船宿によってはタバコの用意もありますが、好みのたばこが必ずしもあるとは限りませんので、あらかじめ用意されるのが安心です。
また、船酔いが心配な方もいらっしゃるかと思いますが、東京湾を遊覧する屋形船は、船自体も大きく、遊覧する場所も湾内で揺れるポイントもそれほどなく、意外に揺れるものではありません。船酔い自体個人差があるものですから、心配な方は事前に酔い止めを飲んでみましょう。
楽しいひとときを記念に写真におさめたい方は、ぜひカメラのご用意を。

以上、はじめて屋形船を乗船される方向けに、屋形船の基本をご案内させて頂きました。

  • 予約から乗船までの流れ
  • 予約から乗船までの流れ
  • インデックス
  • 魅力
  • 基本
  • 料金と料理
  • 設備
  • 遊覧コース
  • 乗り場
  • 花火船
  • オプション
  • 予約

東京地方の天気

 
 
/
 
|
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • やかぶねクイズ
  • Q&A
  • 用語集