1. やかぶね.comトップページ
  2. 花火大会
  3. はなびの種類・その1

大特集花火大会花火大会トップへ

はなびの種類・その1

夜空を華麗に彩る花火。世界に誇る日本の花火には、形や色、打ち上げ方法などにより数多くの種類があります。目の前で夜空一杯に開いた大輪の花火。上がった花火の種類が分かれば、花火の楽しみはさらに増すはず……。花火大会前に花火の種類を把握し、例年以上に花火を深く楽しんでみませんか?それでは、早速、花火の世界をのぞいてみましょう。

《日本の花火》
運動会の告知などに使用されるような昼間打ち上げられる花火を昼花火。それに対し、夜間打上げられるものを夜花火といい区別されております。ここでは夜花火の種類についてご紹介いたします。
日本の花火は、その構造や内包物から分けると、「割物」、「半割物」、「ポカ物」の3つが基本。初回は、種類も豊富な「割物」をご案内いたします。

〈割物〉

日本の花火の代表といえるのが、菊や牡丹に代表される割物花火です。
割物というのは、打上げられた花火が上空で破裂した時に、星が球状に飛散するものをいいます。
日本の伝統的な花火の技は、こうした単発の割物に凝縮されているといえるでしょう。幾重にも芯の入った精巧な菊花型割物のように、割物花火ほど花火師の技術が求められ、特色が表れる花火はありません。
スターマインの華やかさに対し、単発の割物には、凛とした重厚な存在感のある美しさがあります。

菊
打ち上げ花火の中心となる割物の代表的種類。丸く開く日本の割物花火の基本型です。
夜空に丸く菊花のような花を描く姿は、まさに光の芸術。中心から外へ広がりながら長く尾を引くことと、どこから見ても丸く見える完全な球形を保つことが特色で、芯の入ったものは同時に内側に小さな菊をつくります。
牡丹牡丹
菊と並ぶ割物の代表的種類。花火そのものの構造は菊と変わりありませんが、中に仕込まれた星が異なります。
多数の星が尾を引かず、丸い牡丹型の花を描く花火です。流れ星の様に尾を引くものが菊、尾を引かないものが牡丹。
牡丹のバリエーションには、色によって紅牡丹、緑牡丹、五色牡丹などさまざまなものがあります。
芯菊芯菊
大きな菊の内側に小さな菊が現れる、いわゆる芯のあるもの。
八重芯菊
全体で三重の同心球を描く菊花型割物花火の逸品。
三重芯菊
三重の芯を持ち、全体で四重の同心球を描きます。製作が難しく、日本の花火の最高技能を要する花火。
菊花残光
菊が開き他の星が消えた後でも、中央の明るい星が数秒残って光る花火。
雌雄芯菊雌雄芯菊
中心の星に打ち星などを混ぜて、おしべ、めしべがあるように開く菊型花火です。
大葉入り(トケイ草)大葉入り(トケイ草)
星に外側の花弁に達するほど大きな打ち星を混ぜた花火。
錦菊錦菊
金色の星を使った菊型花火。冠(かむろ)と違って星は長く落ちません。
ひまわり
中心部は球体ですが、花弁の部分は大きな星を使い、ひまわりのように平たくなっています。覆輪菊ともいわれます。
染め分け菊
半分ずつ別々の色の花が開く花火です。色の組み合わせで、様々な種類ができます。
ステンド牡丹ステンド牡丹
5色くらいの牡丹星をランダムに込めた牡丹です。彩色満星などとも呼びます。シンプルですがとてもカラフルな花火です。
細波菊(キラキラ)
星が光の吹雪の様に拡がるもの。
万華鏡
新傾向の割物花火。ポインセチア、未来花などとも呼びます。同色の花弁がまとまって開く華やかな花火です。
型物
空中で開いたときに「「ハートマーク」や「スマイル」など、色々な形を夜空に描く花火です。
明治初期より花火職人の手により開発が進められ、現在ではかなり複雑な形も可能。 「魚」や「星」、「ネコ」や「ハートマーク」、「スマイル」の他、3つの輪を交差させる「アトミックサイン」など色々なバリエーションがあります。
また、型物は二次元の平面な花火のため、真横から見ると線見えます。
立体型物立体型物
三次元の立体的な花火で、「蝶々」や「土星」「麦わら帽子」「たんぽぽの詩」「サングラス」などがあります。

↑ページトップへ