1. やかぶね.comトップページ
  2. 花火大会
  3. 花火の掛け声「鍵屋ぁ?!」「玉屋ぁ?!」って何?

大特集花火大会花火大会トップへ

花火の掛け声「鍵屋ぁ?!」「玉屋ぁ?!」って何?

花火の掛け声「鍵屋ぁ?!」「玉屋ぁ?!」って何?花火見物でおなじみの「鍵屋ぁ〜!」「玉屋ぁ〜!」の掛け声。
「鍵屋」「玉屋」とは、隅田川花火大会の起源である両国の川開きを発展させた立役者ともいえる、江戸を代表する花火師の屋号。江戸の花火の人気を二分した二大花火師です。

鍵屋とは、現存する日本で最も古い花火業者で、初代弥兵衛が日本橋横山町に店を構え、花火を売り出すようになるのは万治2(1659)年のこと。弥兵衛が得意としていたのは、葦の管に火薬を練った玉を詰め、管から火の玉の飛び出る花火だったそうです。以降、屋号を鍵屋とし代々世襲するようになりました。
その後、享保2(1717)年には水神祭りに合わせて献上花火を打ち上げ、また6代目弥兵衛の代には、享保17(1732)年江戸でコレラが流行し大勢の死者が出たことなどから、慰霊、悪疫退散のために両国川下で水神祭が催され、隅田川両岸の水茶屋死者の追善供養が行われました。翌年5月28日に両国川開きが行われ、8月28日までの3ヶ月間、納涼舟の舟遊びと共に、6代目弥兵衛が両国の川開き花火を担当。弥兵衛は毎夜さまざまな花火を打ち上げ、川開きの花火が隆盛になるにつれて、その名を高めていきました。
一方、玉屋の創業者・清七(『鍵屋伝書』には新八とある)は、八代目鍵屋で番頭を勤め、その腕の良さから、文化7(1810)年にのれんを分けてもらって両国広小路吉川町に創業。名前も市郎兵衛と改めました。

鍵屋、玉屋の二大花火師の時代の幕開けです。両国川開きでは、両国橋をはさんで上流を玉屋が下流を鍵屋が受け持ち、交互に花火を上げては双方が花火の技を競い合うようになりました。双方の花火が上がったところで、観客は納涼舟や座敷からいいと思った花火師の屋号を声高に呼びました。
これが、花火大会で耳にする「鍵屋ぁ〜!」「玉屋ぁ〜!」の掛け声の由来といわれております。

次第に、玉屋の人気は鍵屋をしのぐほど高くなっていきました。
当時、浮世絵の画題としても花火も描かれることが多くなりますが、それらに描かれているのはもっぱら玉屋。このことからも玉屋の人気のほどが伺えます。また、玉屋の掛け声ばかりで鍵屋の名を呼ぶものがいないことを詠んだ狂歌「橋の上 玉屋玉屋の声ばかり なぜに鍵屋と いわぬ情なし」も、玉屋人気の証といえます。

しかし天保14(1843)年、玉屋は失火によって全焼、町並を半丁ほども類焼させてしまいます。失火は重罪と定められていた当時であり、しかも将軍家慶が日光へ参拝に出かける前日であったため、玉屋は江戸払いの罪を科せられ、追放処分となり、わずか一代で家名断絶となってしまいました。

こうして、鍵屋・玉屋二大花火師の時代はわずか32年間で幕を閉じましたが、玉屋の名は江戸庶民の間に語り継がれ、その後の花火大会でも「鍵屋ぁ〜!」「玉屋ぁ〜!」と歓声を上げて見物されるに至っております。江戸時代・両国川開きの大花火、その名残を夏の風物詩・花火大会に垣間見ることができますね。

ちなみに、鍵屋はその後も両国の花火を引き受け、代々世襲しのれんを守ってきましたが、12代目はのれんを絶やさないために同業の天野氏にのれんを託し、現在の15代目に引き継がれております。

↑ページトップへ