大特集東京湾情報東京湾情報トップへ

東京スカイツリー

人気沸騰中! 新たな東京のシンボル「東京スカイツリー」とは

人気沸騰中! 新たな東京のシンボル「東京スカイツリー」とは東武鉄道と東武タワースカイツリーによって東京都墨田区押上に建設中の電波塔です。
計画では高さ634.0mを予定、完成すれば自立式電波塔として世界一の高さとなる。2008年7月着工。2011年12月竣工、2012年開業の予定。

東京都心部に建てられている超高層ビルの増加に伴う東京タワーから放送の電波障害を低減を目的に、2003年12月にNHKと在京民放キー局5社が600m級の新しい電波塔を求めて、「在京6社新タワー推進プロジェクト」を発足したのがきっかけです。
2011年7月24日には地上アナログテレビ放送が終了となるため、地上デジタル放送用の電波塔となる予定。タワー内には、放送施設のほか、展望施設(第1展望台350m、第2展望台450m)、ショップ、レストランやカフェなどが入るそうです。

1日1日、高さを増す東京スカイツリー。少しずつ変化してく景観と人の流れ。新たな東京観光の名所となりつつある東京スカイツリー、完成が楽しみですね〜。

高さ634m、世界一の伝播塔を目指して

高さ634m、世界一の伝播塔を目指して2011年完成時には東京スカイツリーの高さは634.0mとなります。この数字は、200m級の高層ビルの影響を受けない高さとして各放送局が提示したもので、東京タワーの約2倍。自立式電波塔として世界一の高さとなります。
これまで、日本が誇る東京タワーは世界ランキング21位と、トップ10圏外でした。
工事が着工し、2010年5月10日の発表では東京スカイツリーの高さは368mと日本一の高さとなり、2010年5月17日には、379mを超え、ウズベキスタンのタシケントタワーの375mを抜き、めでたくタワーランキング世界トップ10の仲間入りを果たしました。
2011年完成時点で、自立式鉄塔としてはキエフテレビタワーの385mを上回る世界第1位。現存する電波塔としてはKVLY-TV塔の628.8mを上回る世界第1位。自立式建築物としては広州テレビ・観光塔(建設中)の610mを上回り、ブルジュ・ハリファの828mに次ぐ世界第2位となる予定。
東京スカイツリーの高さは、土曜に計測した数値を、翌週月曜に東武タワー スカイツリー(株)の公式Webと、ツリーにつけられている看板で毎週発表されています。順調にいけば2010年内に500m超えは確実で、2011年春には634mに到達。ベスト5入りとなる435m(イラン/ボルジェ・ミーラード)超えは2010年の夏〜秋ごろ、ベスト3入りとなる537m(ロシア/オスタンキノ・タワー)超えは2010年内〜2011年初旬となる見込み。しばらく、東京スカイツリーから目が離せませんね。

「東京スカイツリー」の名称について

「東京スカイツリー」の名称について東武鉄道が、2012年に開業予定の地上デジタル放送用タワーの名称を、2007年10月から1ヵ月間にわたって、全国から名称を公募。作詞家の阿木燿子氏をはじめとした有識者10人からなる「新タワー名称検討委員会」によって、集まった18,606件の名称案のなかから、「東京EDOタワー」「東京スカイツリー」「みらいタワー」「ゆめみやぐら」「ライジングイーストタワー」「ライジングタワー」の6つにっ候補に絞られました。
さらに、そのなかから、2008年4月から一般の投票を受け付けた結果、「東京スカイツリー」に決定。
自立式電波塔として世界一の高さとなるタワーにぴったりの名称ですね。

↑ページトップへ