用語集用語集一覧へ戻る

吾妻橋 (あづまばし)

吾妻橋

 隅田川にかかる橋で、台東区雷門と墨田区吾妻橋の間で、雷門通りを通す。
 創架は安永3(1774)年、江戸時代に架設された隅田川の橋としては第5番目の橋で、江戸期に架橋された最後の橋でもあった。隅田川が「大川」と呼称されていたことにちなみ「大川橋」と呼ばれた。それまでは「竹町の渡し」と呼ばれた渡し舟があった。
 東京都観光汽船の桟橋である浅草ステーションが橋の西詰に設けられている。ここから浜離宮を経由して東京港日の出桟橋まで運航されている隅田川ラインと称する航路が出発している。この橋の西岸の交叉点には神谷バーなど浅草繁華街が、東岸にはアサヒビール本社などが入る墨田リバーサイド地区がある。なお、桜の名所として著名な隅田公園はこの橋がそのほぼ南端にあたる。
 現在の吾妻橋は昭和6(1931)年に架設された震災復興橋梁。この吾妻橋から、下流の駒形橋厩橋蔵前橋までの4橋は、いわゆる「旧・浅草地区」に架かる橋で、帝都復興局は、これらの4橋をアーチ橋で統一して架橋している。






関連用語

東京地方の天気

 
 
/
 
|
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • やかぶねクイズ
  • Q&A
  • 用語集