1. やかぶね.comトップページ
  2. 用語集
  3. 東京臨海新交通臨海線

用語集用語集一覧へ戻る

東京臨海新交通臨海線 (とうきょうりんかいしんこうつうりんかいせん)

東京臨海新交通臨海線

東京都港区の新橋駅から江東区の豊洲駅までを結ぶ、株式会社ゆりかもめが運営する新交通システム。
開通当初から愛称の「ゆりかもめ」もしくは「新交通ゆりかもめ」で親しまれている。

新橋と東京臨海副都心を結ぶ交通機関として、1995年(平成7年)11月1日に新橋 - 有明間11.9kmが開業し、さらに2006年(平成18年)3月27日には、有明 - 豊洲間2.7kmが延伸開業した。

沿線には、フジテレビ本社・アクアシティお台場・デックス東京ビーチ・パレットタウン・船の科学館多数をはじめとする観光スポットや、コンベンションセンター(東京ビッグサイト)などの集客施設が林立。
また、車窓からは東京タワーやレインボーブリッジ、建設中の東京スカイツリーなど東京のシンボルをのぞむことができる。

それぞれの駅ごとに様々な日本の伝統文様が割り振られ、ホームドアなどにこのモチーフが反復して使われている。

また、不定期で企画される「夜景列車」は、有明駅から日の出駅を折り返し、豊洲駅まで運行するコースで、夜景が見やすいように車内の照明が落とされ、BGMが流れるもの。応募者が多く倍率も高い。

関連用語

東京地方の天気

 
 
/
 
|
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • やかぶねクイズ
  • Q&A
  • 用語集