用語集用語集一覧へ戻る

江戸前天ぷら (えどまえてんぷら)

江戸前天ぷら

 安土桃山時代に南蛮船によってもたらされた南蛮料理の一種といわれ、大阪を経て江戸時代に江戸まで伝わった。
 江戸前の天ぷらとは、江戸湾で獲れた魚、江戸前穴子、小鰭(こはだ)、貝の柱、するめなどを揚げたものを指し、野菜の揚げたものは揚げ物と区別された。また、江戸前天ぷらの特徴としては、揚げ方にも特報があり、胡麻油を使って狐色に揚げた。油の脂っこさを中和するために、工夫がなされ大根おろしと天つゆで食べるようになった。
 江戸から昭和初期くらいまで長らく屋台で食べられており、串で刺した天ぷらを立ち食いで食べる、ファーストフードのように庶民に愛される手軽な食べ物だった。

関連用語

東京地方の天気

 
 
/
 
|
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • やかぶねクイズ
  • Q&A
  • 用語集