用語集用語集一覧へ戻る

隅田川花火大会 (すみだがわはなびたいかい)

隅田川花火大会

 隅田川花火大会は、隅田川沿いの河川敷において毎年7月最終土曜日に行われる花火大会。毎年8月に開催される東京湾大華火祭や神宮外苑花火大会とともに東京三大花火大会の1つに数えられる。
 この大会は、8代将軍吉宗が、悪疫退散と、伝染病などからの死者の霊を弔うため、1733年(享保18年)、両国の川開きに花火を催したのが始まりとされる。以降、明治維新や第二次世界大戦などにより数度中断しし、1961年(昭和36年)から1977年までは交通事情の悪化等により中断するが、1978年(昭和53年)に現在の名称として復活し、以後毎年続けられている。
 桜橋下流から言問橋上流までの第1会場と、駒形橋下流から厩橋上流の第2会場で合計2万発の花火が打ち上げられ、花火メーカーによる花火コンクールが行われるため、各業者の今年の力作を見ることができる。

関連用語

東京地方の天気

 
 
/
 
|
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • やかぶねクイズ
  • Q&A
  • 用語集